社内SEになりました

社内SEは本当に楽なのか?ユーザー系IT企業とSierとの違いは?これからIT企業への就職や転職を考えている人むけに、ユーザー系IT企業から社内SEに40代で転職した筆者がITエンジニアの仕事内容やプロジェクト管理のノウハウ等をご紹介。

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

私が社会人になったころ、ちょうどインターネットが普及しはじめました。

会社の目標管理でインターネットの知識習得を目標に掲げ、確かソネットのホームページサービスで、インターネットの知識をまとめたホームページを公開しました。

素人に毛が生えた程度のレベルでしたが、社内でホームページを自作していたのが私だけだったこともあり、ECサイト構築プロジェクトに任命され、はじめて炎上プロジェクトを経験することになりました。

PMが入院、PLが雪道で転んで足を骨折という満身創痍のプロジェクトで、リリース前の1ヶ月間は2日しか休みが取れず、深夜1時頃まで仕事をして、みんなで飲みに行って、4時頃に帰宅して(チャリ通でした)、10時頃に出社といった毎日を過ごしていました。

今の時代だったら間違いなくアウトになる働き方ですが、当時は不思議と辛いとは思わず、むしろやる気に満ち溢れていました。

でもさすがに身体に無理があったようで、リリースが落ち着いた3月、休みをとって岐阜に旅行にいったら、スギ花粉にまみれ、花粉症デビューしてしまいました。

インターネットも花粉症も、まだ日本でそれほど普及していなかった時代のお話です・・・。

f:id:SystemEngineers:20210802191448p:plain

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

10歳離れた妹が生まれた日、弟が車にはねられました。

父と3つ下の弟と3人で、生まれた妹を病院に見に行った帰り、なぜ弟が道路に飛び出したのかは覚えてませんが、目の前で車にぶつかり弟の身体が宙を舞いました。

幸い弟は入院することもなく、母には転んで怪我をしたと嘘をつける程度で済んだのですが、頭を打っていたようで、その後、数年間は急な吐き気に襲われたり後遺症に苦しんでいました。

私と弟は歳が近かったこともあり、あまり仲が良くないのですが、それでも弟が新婚旅行のお土産で買ってきてくれたTシャツは、20年たった今でも長持ちするように、毎年1回だけ着続けています。

f:id:SystemEngineers:20210731123620j:plain

ベンダープレゼン終了

RFPを受けてくれたベンダー4社の提案が、一昨日、昨日、今日の3日間で終了しました。

今のところ自分が引っ張ってきた会社の評点が一番高かったので、ほっと一安心です。

最近「要件定義はお客さまが主でやるもの」と平然という思考能力の乏しいベンダーが多いのですが、私が引っ張ってきた会社は、そのような守りに入った発言をしない会社です。

やはり一緒に同じゴールを目指す仲間なのであれば、安心して自分たちに全部任せてくれと言い切ってくれるベンダーと一緒に仕事をしたいものです。

無責任な発注者が多かったので、ベンダーも守りに入るようになってしまったのだろうと思いますが、その点は徐々に改善していっているはずなので、昔のような頼もしいベンダーが増えて欲しいものです。

文字コード第六回:IVS

文字コードって、とっても難しいです。

そんな文字コードの中で、IVS について、可能な限りわかりやすく解説します。

1.IVS とは

IVS(異体字シーケンス)とは、Ideographic Variation Sequence の略称で、異体字の関係にある文字に「異体字セレクタ」という枝番を振ることで、より確実な文字情報の交換を可能にする技術のことです。

文字コードを増やすことなく、Unicode に枝番を付けることで、多くの異字体を使い分けられるようになります。

IVS を利用するためには、IVS に対応したフォントと、IVS に対応したソフトウェアの両方が必要となります。

2.IVS の例

東京都カツシカクと奈良県カツラギシの「カツ/カツラ」は以下のように異なりますが、Unicodeでは「葛」の文字コードは「U+845B」のみで、奈良県の「カツラ」は表示できません。

f:id:SystemEngineers:20210723145729p:plain

そこで IVS の登場です。

IVS では「葛」の文字コード「U+845B」に「U+E0100」から「U+E0109」までの枝番を付加し、10 種類の「葛」を表示できるようにしています。

f:id:SystemEngineers:20210723220406p:plain

この「E0100」や「E0101」といったコードそのものには意味はなく、付加する文字コードとセットで意味を持ちます。例えば同じ「E0101」でも「845B」とセットで使うと「葛」になり、「8FBB」とセットで使うと「辻」になります。

f:id:SystemEngineers:20210724142600p:plain3.IVS の文字コード

IVSの枝番は、UTF-16 の場合にはサロゲートペアになります。

例えば「E0100」の場合、上位サロゲートは「DB40」、下位サロゲートは「DD00」になります。UTF-16 の場合、元が 2 バイトなので、IVS は 6 バイトということになります。

さらに元の字がサロゲートペアだった場合、IVS は 8 バイトという長い文字コードになります。 

UTF-8 も同様に IVS では文字コードの長さがとても長くなります。

f:id:SystemEngineers:20210724145144p:plain

サロゲートペアと同様に、IVS を考慮していないソフトウェアでは、IVS の入力があると文字化けしたり、文字数のカウントを誤ったりすることがあるので、注意が必要です。

4.IVS のサンプル

IVS で表す文字の大半は、日常では使用しない字体・字形ですが、中には標準が日常では使わず、IVS の方が日常で使う字体・字形のものもあります。

Windows8 からは IVS が設定ひとつで自由に使えるようになったため、ユーザーが何気なく IVS を利用する可能性も出てくるので、注意が必要です。

以下は、左が普通に文字変換をすると表示されるフォント、右が IVS のフォントです。意図的に標準フォントが旧字体のものを選んでみました。馴染みのある方のフォントは「E0100」で、標準フォントは「E0101」になっていることが多いですが、まれに馴染みのあるフォントが「E0101」で付番されているケースもあります。

f:id:SystemEngineers:20210724184311p:plain5.IVS とサロゲートペアの違い

サロゲートペアは、文字に対して Unicode が付番されています。それに対して IVS は、同じ Unicode に枝番を付番しています。

サロゲートペアは、文字そのものにコードが付番されているため、他の文字と同様にフォントから独立しています。

それに対して IVS は、乱暴に言ってしまうと、フォントを指定している文字コードと考えることができます。

サロゲートペアは UTF-16 だけの問題ですが、IVS は UTF-16 だけでなく、UTF-8UTF-32 にも影響のあるものです。

 【振り返り】

第六回は、IVSでした。第七回は、文字コードの歴史です。

第一回:概要
第二回:符号化文字集合
第三回:文字符号化方式(前編)
第四回:文字符号化方式(後編)
第五回:サロゲートペア
第六回:IVS
第七回:文字コードの歴史
第八回:さまざまな文字化け
第九回:未定
第十回:未定

祝日かぁ〜

午前中の仕事が一区切りつき、いつも行っている馴染みの店に昼ごはんを食べにいきました。

あれ?

いつもと同じメニューなのに、500円も高い・・・

いつもは880円なのですが、今日は1380円。

メニューをよく見ると「休日ランチ」と書かれていました。

小売業なので祝日関係なく仕事をしているせいで、東京オリンピックで祝日が移動したことをすっかり忘れてました。

それが分かっていたら、休日でも値段が変わらない店に行ったのに。

500円の余計な出費に打ちのめされました。

今週のお題「寿司」

はてなブログ今週のお題「寿司」

子供のころは、マグロがご馳走でした。

はじめて両親に連れて行ってもらった回転寿司。ひらすらマグロ(赤身)を食べ続けていました。

それ以降、回転寿司に連れて行ってもらうたびに、ひたすらマグロ(赤身)、マグロ(赤身)、マグロ(赤身)。

今思えば、ウニとかトロとか、いろいろあったはずなのに、マグロ(赤身)以外には手をつけませんでした。

なんとなく、「マグロばっかり食べて、よっぽどマグロが好きなんだねえ」と喜んで見ている両親の姿に、マグロ(赤身)以外を食べると期待を裏切るような気がして・・・。

いつの日か、マグロ(赤身)を食べることが、自分の使命ような感じになっていました。

そんな感じで勝手に人の期待を作り上げてしまう私は、成長して社会人になり一人暮らしを始めたころ、同じ店で週5日、夕食に麻婆豆腐丼を2年間食べ続けることになるのでした。

f:id:SystemEngineers:20210711190321j:plain

涙の提案辞退

RFPをベンダー5社に発出して、今日が提案意思確認の締め切り日。

4社は早々に提案の意思表示をしてくれたけど、残り1社からなかなか返事がなく、締め切り日の今日20時近く、提案辞退の連絡が来ました。

5社のひとたちとは、3ヶ月くらいかけてRFPのドラフトに意見をもらったりして、どの会社にも愛着が沸いていたので、とても残念。

残りの4社も3社とは今月でお別れになることを思うと、ベンダー選定をあと1年くらい続けたい気分です。