社内SEになりました

社内SEは本当に楽なのか?ユーザー系IT企業とSierとの違いは?これからIT企業への就職や転職を考えている人むけに、ユーザー系IT企業から社内SEに40代で転職した筆者がITエンジニアの仕事内容やプロジェクト管理のノウハウ等をご紹介。

今週のお題「ゲーム」

はてなブログ今週のお題「ゲーム」

システム障害の夜勤をしている時に、トランプの大貧民をやったことがあります。

働き方改革長時間労働のチェックが厳しくなる直前の頃のことです。最初は小さな障害だったものが、リカバリーで小さなミスをして、別の障害を引き起こし、そのリカバリーも失敗して、雪だるま式に障害が大きくなってしまいました。

来る日も来る日も交代で夜勤をしながら、24時間体制で監視とリカバリー。20代が中心で元気だけが取り柄だったメンバーも、日に日に疲弊していきました。

どん底まで落ちた雰囲気を何とか盛り上げようと、夜勤中に登場したのはドラえもんトランプ。メンバーの一人に大貧民が得意な女子がいて、みんなにルールを教えながら監視やリカバリーの合間合間に大貧民大会。

連日の障害対応の疲れと、夜勤中にトランプという「ちょい悪」に、みんな妙にハイテンションになって、順番にカードを出すごとに一喜一憂。そしてトランプ世代でないはずの大貧民得意な20代女子は、本当に口先だけでなく連戦連勝。順番待ちの間、ノリノリで鼻歌まで歌い出す始末。

結局、その後も1週間くらいは辛い日々が続きましたが、あの時の中学・高校時代に戻ったかのような大貧民大会の高揚感は、今でも忘れられません。 

f:id:SystemEngineers:20200420201517j:plain